前へ
次へ

中国語の学習の音と絵で覚えるのがコツ

同じ漢字を使い、世界で最も多くの人々が母国語としているのが中国語です。
同じアジア人として興味がある人、ビジネス上必要としている人も増えています。
しかし、中国語を覚えるのは難しそうなイメージがあります。
たとえば、独特の発音が難しそうに感じたり、同じ漢字を使うのは良いのですが、すべてが漢字だけというのは漢字の苦手な人にとってはプレッシャーかもしれません。
ただきちんと学習法にそって勉強していけば、独学でも検定3級程度はマスターできるとも言われています。
ちなみに、検定3級に必要な単語数は常用語で1000~2000程度です。
中国語の学習のコツは、音や絵で覚えていくことです。
日本人は書いて覚える人が多いのですが、耳から聞いて自然に覚えていくということを基本にしたほうが、早く上達します。
またその場面も絵や漫画などで覚えていくと、楽しく覚えることができるのではないでしょうか。
どんな国の言葉でも、努力すれば必ず実ることでしょう。

Page Top