肌のケアをする男女の写真

女性と男性どちらも綺麗な肌を維持することが異性にモテる秘訣とも言われています。しかし、お肌には年齢別に色々な悩みがあり、自信を持って人前に出るためには肌のケアが欠かせません!

肌の悩みと解決策は年齢別に違う

肌は、年齢とともに新陳代謝も皮脂の分泌量も変化するため、その悩みも解決策も変わってきます。
まずは美白の敵について知ることが大事です。
20代は、肌は丈夫なのですが、誤ったスキンケアやスキンケアを怠ることで、トラブルを生じることになります。
この年代は、刺激の強いメーキャップや過度なクレンジングが負担を生じさせてしまう原因となり、逆に過度なクレンジングで皮膚を乾燥させ、傷つけることがあります。
解決策として、過度なメークによるダメージを避け、洗顔やクレンジングで摩擦を避けるために、泡で丁寧で落とすことが大切です。
30代は、肌の衰えが表面に現れるようになるため、生活リズムの変化にともなうホルモンバランスも大きく変化し、その影響が肌に現れることになり、以前は機にならなかった紫外線や摩擦などの外部刺激で肌トラブルを生じる原因となってしまいます。
規則正しい生活をし、バランスのとれた栄養を摂取することでホルモンバランスを乱さないことと、肌のためにとても重要なことです。
腸内環境を整えることで、免疫力を高め、バリア機能を高めることができます。
保湿やUVケアなどの基本的なことを大切にし、抗酸化力の高い食品を積極的にとり、体内からも肌を守るということも大切です。
40代には、保湿力の低下、ターンオーバーの乱れなどが起こりやすくなり、ホルモンバランスも大きく乱れてしまい、その影響によって、衰えも感じやすくなります。
コラーゲンやヒアルロン酸の産生量が減ることで、表情筋が衰え、ハリ不足やたるみやくすみといったものが気になるようになります。
表情筋のエクササイズやサプリメントなどで栄養を補うこと、血行をよくするためにほっとタオルや指圧を利用することも有効です。
美容クリニックの利用も定期的に行うことで、見た目年齢は実年齢よりも若くすることができます。
それぞれの年齢にあわせたケアをすることが、実年齢よりも若い肌作りにつながります。

化粧水を使った後に肌がヒリヒリする原因

肌に化粧水を付けた時にヒリヒリとした感じがある場合、肌に刺激性のある成分が配合されている可能性があります。
代表的な成分としてはエタノールが挙げられますが、所謂アルコールであり、殺菌効果に期待して配合されていることがある成分です。
化粧水の成分を腐らせないようにする為にも有効性がある為、防腐目的として配合されていることが多いのです。
エタノールが配合されていることによって爽快感を味わうことができるのですが、その一方で刺激になってしまうこともある成分です。
パラベンもよく配合されている成分ですが、この成分も防腐の役割があります。
パラベンは多くの菌に効果があると言われており、とても使い勝手が良いとされています。
しかしながら肌が弱っている時ですと刺激になり易く、無配合の方が肌には優しいと言われているのです。
他にも香料や着色料などの成分によって刺激になっていることもありますが、その他にも何らかの原因で肌のバリア機能が弱っている時にも刺激を感じてしまいます。
エタノールやパラベンなどの成分は肌が丈夫ならそれほど刺激を感じるようなことはありません。
しかし外的な刺激から守る為のバリア機能が低下しているようですと刺激になってしまうこともあるのです。
そしてバリア機能を弱くする原因としては乾燥が挙げられます。
乾燥している状態は肌の水分量が少なく、それによってバリア機能が低下して刺激を通し易い状態になっています。
その為、乾燥している時には刺激のある成分を配合している化粧水はできるだけ避けるようにすると共に、また、保湿をしっかりと行いバリア機能を回復させることも大切です。
つまり化粧水選びと保湿を行うことによって刺激を受け難くすることができると言えます。
そのための化粧水を比較し、相性の良いものを探すということが大切です。
人によっては成分がアレルギーを引き起こしている可能性も考えられます。
まずは自分に合った化粧水選びから始めましょう。

肌トラブルと活性酸素の関係

活性酸素とは酸化力の強い酸素のことをいいます。
本来は外部の刺激から体細胞を守るために発生しますが、防衛力が強いため増え過ぎてしまうと細胞を傷つけ、肌細胞が酸化させられることによって老化したり、がんになったりなどの原因となってしまうのです。
活性酸素が及ぼす肌の影響として上げられるものは、活性酸素によるダメージをメラニンが引き受けてくれることによってできるシミ、肌の潤いなどをキープするコラーゲンやエスチンが酸化してしまうことによって起こる潤いやハリを失ってしまいシワができやすくなる、細胞がダメージを受けることによって皮膚がんのリスクが高まってしまうなどが上げられます。
このような肌トラブルを起こさないためには、紫外線によって活性酸素を作らないためにもUVケアとして日焼け止めを塗ったり、帽子をかぶる、UVカット効果のある衣類を着る、サングラスをかける、日傘を差すなどの対策が重要となってきます。
また、日常でもストレスを溜めない、喫煙は避ける、過度なアルコールを摂取しない、激しい運動を行なわないなどが重要です。
増え過ぎた活性酸素への対処方法としては、バランスの良い食生活と規則正しい生活が必要となってきます。
おすすめの食生活としては、抗酸化作用の含んでいる成分を摂取素ことが良いとされています。
レモンやイチゴなどの果物や緑黄色野菜に多く含まれるビタミンCやナッツ類やゴマ、ウナギなどに多いビタミンE、植物に含まれていてコーヒーやワインなどから摂取できるポリフェノール、お茶に含まれるカテキン、スイカやトマトに含まれているリコピンなどの成分が有効で、亜鉛やセレンと言ったミネラルも体内の抗酸化酵素を活性化するのに効果的です。

■肌の悩みといえばやはりニキビ!その悩み解決しませんか?
アダパレンでニキビを治す
■肌荒れにも効果があるヒトプラセンタも検討してみてください
ヒトプラセンタ